ルイボスティーで活性酸素除去と老化のメカニズム!


ルイボスティーで活性酸素除去と老化のメカニズム!

老化の悩み

老化のメカニズムとは?

老化の確かな原因は、まだわかっていません、ですが少しずつ解明されてきてもいます。 私たちは、人生の途中で事故や病気で命を奪われないかぎり、誕生→発育(成長)→成熟→衰退(退行)という経過をたどって死に至ります。 この一連の過程を加齢(かれい)といい、加齢そのものを老化ということもありますが、ふつうは、成熟期以降におこる心身の変化を老化(ろうか)(老衰(ろうすい)、老年(ろうねん))と呼んでいます。

この加齢はあらかじめ身体の細胞のDNAの配列の中に組み込まれていて、 このスケジュールに沿って老化は発症、進行するというのが一般的なメカニズムです。

では老化現象は細胞にどのように変化が起きるのでしょうか。

人間の体の細胞は永遠のものではありません。細胞の分裂する回数には限界があり、それを越えると死んでしまいます。 また分裂回数が限界に近づくと細胞の働き(機能)も低下します。これが細胞老化です。

細胞が老化によって機能低下し、死滅して数が減少すると、その集合体である体の部分・臓器も機能低下し、衰えていきます。

組織・器官の老化です。 さらに組織・器官が集合した身体でも様々な老化現象が進行していきます。

細胞の死は【アポトーシス(細胞の自然死)】と呼ばれており、 この細胞の自然死には2種類の酵素が組み込まれていて、 死滅するきっかけとして活性酸素などで細胞が傷つくと、 2種類の酵素が細胞骨格とDNAを切断し、細胞がアポトーシスで自発的に死んでいきます。 ただし、通常は古い細胞が自然死し、新しい細胞が作られるので老化と自然死は別の問題です。

細胞老化を遅める=若さを保つ=増えすぎた体内活性酸素を減らす

老化とは、通常一定に保たれている【体内活性酸素】が一定量を超えて増えすぎてしまうことによっておこる現象です。
体内の活性酸素は一定の量は必要ですが、【増えすぎた活性酸素】は正常な細胞を傷つけ、
少しずつ人間の体を壊していきます。

なぜ活性酸素が増えすぎてしまうのか・・・
それは、年齢とともに体内の活性酸素を除去するための【体内SOD酵素】が減っていくからです。

この体内SOD酵素が減ることにより、増えすぎた体内活性酸素が身体のいろいろな部分を攻撃し、
【老化】という現象になっていきます。

ルイボスティーの抗酸化作用はこの【体内SOD酵素】と同じ作用があり、ルイボスティーを飲むことにより、
体内の活性酸素を除去する働きがあります。
よってルイボスティーは奇跡のお茶といわれる由来がここにあるのです。

◆必ずルイボスティーを飲むときは、以下を守って飲みましょう!!◆

1.高品質の消費期限の短いものを飲む
 ルイボス茶葉を収穫してから時間が過ぎてしまうと有効成分が減ります。

2.ヤカンなどでしっかりと煮出す。
 お茶を飲むというよりは、お茶を煎じるという考え方です。

3.毎日たっぷり飲む
 カフェインなど入っていないので1リットルから2リットルは飲みましょう。

ルイボスティーの効果・効能

ルイボスティーの特徴として脂肪の酸化を抑える作用(=抗酸化作用)と、活性酸素を取り除く(=活性酸素除去作用)があります。 通常体内には危険な活性酸素を除去する「SOD酵素」というものがあります。 この「SOD酵素」によって危険な活性酸素は分解され、その後様々な体内酵素の活躍で 無害になります。

しかし、この「SOD酵素」は年齢とともに急激に減少し体内活性酸素が急激に増え、老化が進みやすくなるのです。

ルイボスティーは自然植物などに含まれる抗酸化物質をたっぷりと詰め込んだ 老化を遅らせるアンチエイジング効果の高いお茶で、 奇跡のお茶と呼ばれています。 エイジングケアは「ルイボスティー」を毎日飲むことで体内の危険な活性酸素を除去し老化を遅らせる効果・効能を実感してみましょう。

ルイボスティーの効果・効能
●「ルイボスティー効果のすべて」のサイト概要
「ルイボスティーの効果のすべて」はフェイスブック「ルイボスティーファン」のオフィシャルサイトです。 ルイボスティーの成分や種類、効果・効能、比較、飲み方などご紹介しております。 その他疑問に思うこと、ルイボスティーダイエット、不妊・妊娠に対しての効果・効能、アトピー、肌荒れ、シミ・ソバカス、しわなど 様々な疑問点にも答えていこうと思います。

●注意事項
このサイト情報はすべて正しいものではありません。個人の感想や立証していないものも含まれます。
このサイトの情報は個人での使用以外では転載などを禁止します。


●お問い合わせ
お名前
メールアドレス
お問い合わせ内容